上へ戻る

中古車情報サイトに任せっきりの大津の中古車屋Hさんの話。 3話目(ホームページ集客のイロハ物語)

中古車情報サイトに任せっきりの大津の中古車屋Hさんの話。 3話目(ホームページ集客のイロハ物語)

中古車情報サイトに任せっきりの大津の中古車屋Hさんの話。 1話目(ホームページ集客のイロハ物語)
中古車情報サイトに任せっきりの大津の中古車屋Hさんの話。 2話目(ホームページ集客のイロハ物語)

滋賀県のホームページ制作会社にアタリをつけたHさん。


地元滋賀県のホームページ制作会社に依頼することを決めたHさん。
さてその後、Hさんの中古車屋のホームページはどうなったのでしょうか。


滋賀県のホームページ制作会社に依頼する時に、依頼先に求めることはこちら。

・公開後も直接打ち合わせできるように、地元滋賀のホームページ制作会社
・自分で更新できるように
・サービス内容やカスタム情報をわかりやすくデザインしたページ×10
・予算は20万から30万
・ホームページの集客やHさんが抱える悩みを解決出来る知識を持っている。



ホームページを制作する最大の目的は、ホームページを見て集客かつ中古車情報サイトや広告媒体の金額を削減すること。
そこでホームページの集客のゴールを車を購入する人にするのか、修理や車検の依頼にするのか、カスタム依頼にするのかの優先順位を決めることにしました。
Hさんの中古車屋はハイエースに絞ったお店の為、他店や大型店舗のように多くの車両を取り扱っているわけではありません。
そこで車の購入や売却よりもハイエースのカスタムの依頼を最重要としたホームページを制作することに。


幸いHさんのお店は購入した方がリピーターとなりハイエースのカスタムをしている人も多く実績・知識に関しても申し分ありません。

更にカスタムの場合は、滋賀県内よりも近隣の都道府県も対象にしてリスティング広告を活用。
リスティング広告で「カスタム ハイエース」などを設定し、地域を滋賀県含む近隣の県にしました。

ホームページ自体のコンテンツとしては、ハイエースの購入・売却、修理・車検・カスタムに関する情報を3つのカテゴリに分けて公開後もHさんが更新しやすいシステムに作り上げました。


新たにホームページを作り始めて4ヶ月。
以前のホームページは、業者にほとんど放り投げでしたが今回のホームページは自分も同じように考えて制作したもの。

その為公開までにはドメインでブログを開設し、いち早くホームページの集客を目論んでいます。


今回の中古車屋のホームページは前回とどのように違うのか。


前回のホームページと違うのは、Hさんの中古車屋のホームページが単純な店舗紹介サイトに終わっていないことです。


よくある中古車屋のホームページなら、○○というサービスを行っていますや、会社の地図などが最低限乗っていることが多いです。

それではユーザーもどの会社に頼めばいいのか、選ぶ材料が少なすぎてわかりません。

Hさんの中古車屋や中古車全般ではなく、ハイエースに絞り込んでいる為、より専門的な情報を書くことでユーザーにとっては信頼できる、お願いしやすい店舗となります。

また中古車情報サイトや書籍媒体を見て、目的の車がある中古車屋のホームページを見るのが一般的な流れですが、ここからも「どんな雰囲気の車屋」というのがわかるだけで最初の警戒心を取り除くことができます。



さてホームページ公開前にHさんには、ある1つの気になることがあるようです。

その気になることとは何か、次回の話を見てみましょう。
中古車情報サイトに任せっきりの大津の中古車屋Hさんの話。 3話目(ホームページ集客のイロハ物語)

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。