上へ戻る

副業で開業したけどお客が来ない日々を過ごす滋賀県のパソコン修理屋。 1話目(ホームページ集客のイロハ物語)

副業で開業したけどお客が来ない日々を過ごす滋賀県のパソコン修理屋。

メインの業務があり、その実務経験を活かして派生業務を行うというのは個人事業主や小規模な会社であればよくあることです。

趣味でこれまで自作パソコンを作り続けてきた森田さんにとってはその流れで栗東市でパソコン修理業を行うのは自然な流れだったかもしれません。

森田さんはこれまで工場での派遣社員などを転々とし業務を行ってきたのですが、今後のことを考えて自分でも出来る副業として何かないかと模索していました。

そんな時に、知り合いから「パソコンの修理とか出来るから、そこから派生させてみたら?」というアドバイスを頂いたのです。

確かに森田さんの周りでは森田さんはパソコンのプロフェッショナルという認識で、パソコンが立ち上がらなかったりHDDが読み込めなかったりした時には知り合いづてでも依頼されてきました。

ただ趣味の延長上でしてきたのもあり、お金をしっかりもらって仕事!というわけではなかったわけです。

夢の独立に向けてさあパソコン修理業で開業!したはいいものの…

そういった経緯でパソコン修理業としてまずは副業で始めてみた森田さん。

紹介を貰うにはチラシも必要かと、手書きのチラシとこれまた家庭用プリンタで出来る名刺を作りました。

またFacebookなどで開業したことを告知。

最初の頃はポロポロと知り合いづてに仕事が舞い込んでくるようになってきました。

しかし2週間ほどたったころには、仕事の音沙汰もなし。

ホームページを作れば!とも思ったのですが、パソコンの修理やサポートは得意とするのですが、デザインやそっち方面はさっぱり。

安定した仕事が舞い込んでなければ、独立なんて夢のまた夢の話です。

行き詰まった森田さん。まずはどうすればと思い、一先ず無料サービスでブログをはじめることにしました。