上へ戻る

滋賀の不動産屋のホームページ制作ストーリー「小さな不動産屋が目指すWEBでの地域No1集客店」 最終話

滋賀の不動産屋のホームページ制作ストーリー「小さな不動産屋が目指すWEBでの地域No1集客店」 最終話


滋賀の中でも地域専門をキーワードに東近江市専門の不動産のホームページを制作した木村不動産。

さて公開後、木村さんの思った通りのネットからの集客はできたのでしょうか。

3ヶ月経った結果を見てみましょう。


滋賀のホームページ制作会社に依頼した結果。。。


ホームページが公開しあれから3ヶ月。

最近木村さんはあることの作業に毎日時間を割いていました。

その作業とはホームページのブログ。

ホームページ公開後、制作会社との打ち合わせで木村さんも手軽に更新ができるようにブログを設置し、日々木村さんは記事を追加していました。

記事といっても、お昼ごはんやプライベートな情報ではもちろんありません。テーマにしているのはもちろん「東近江市」に関する内容。

東近江市の不動産情報だけではなく、公共機関が発表しているデータを元に不動産屋の視点から今後の土地関連情報をまとめたり、東近江市で不動産を購入・売却する際のちょっとしたネタなどを更新しています。

また購入したい方向けに、東近江市がどんな土地であるかを知ってもらうために寺や神社、またグルメ情報なども更新。毎日書いていると、不思議と最初はネタに困るので…と思っていた木村さんも新しい気付きがあったりして今のところは更新のネタには困らないそうです。

今気をつけているのは、文章量は当然ながら見たい情報をしっかりと書いていくこと。時間がないとどうしてもブログの内容もそれに伴い薄くなってしまいます。

その為木村さんは必ず毎日1時間という枠を決めてブログの為だけにその時間を使って文章の量や質にこだわっていきました。

3ヶ月経った頃、不動産売却 東近江市や不動産購入 東近江市などのキーワードでも上位にくるようになり、そのお陰で最近はWEBからの問い合わせも得られるようになってきました。


ホームページならマーケットを増やすことができやすい!


3ヶ月でWEB集客に良い方向性が出てきた木村不動産の次なる手は、カテゴリを変えての専門サイトか滋賀県の別地域を狙ったサイトの制作です。

東近江市だとどうしても検索数に上限がありますが、それが違う地域やカテゴリになるとそこはまた新しい開拓を進めることができる。

木村さんにとっての目標は広告費を下げて最大限の集客を得ること。

WEBであれば最初の制作費用をかけて、作りこんでしまえばあとは木村さんが更新できる形にして育てていくことができます。

まず最初の一歩として東近江市の不動産のWEB集客ができ始めて木村不動産。小さな不動産屋が目指すWEBでの地域NO1集客店は更に上を目指すために次なる一歩を踏みだそうとしています。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。