上へ戻る

滋賀県内のホームページに多い!「信頼できない」要因になっているある問題点

ホームページをひと目見て、ここ大丈夫かな?と思ってしまうこと。
デザインや中身含めて、わかりやすいポイントで挙げられるのがそのホームページが更新されているかどうかです。

ホームページ制作会社の場合でいえば、依頼者側がホームページ制作会社を調べて数社ピックアップしたとしても、お知らせが2年前や3年前から更新されていないと「大丈夫?」となります。

実際にこれは今まで当社にご依頼頂いた方から「なぜ当社に相談の問い合わせをされたのか?」と聞くと「ホームページが更新されていたから。」というのは中々大きな理由のようです。
確かに私も、リフォーム業者を調べるときにお知らせが更新されていないと「ここは今もしているかどうかわからないのでパス」となっていました。

なぜお知らせが更新されていないだけで、リストから外れ更にお店側もホームページを更新しなくなるのか気づいた範囲で書いてみます。





見る側にとってはホームページからしかそのお店の実情がわからない。


業者を探している方にとって、ホームページはそのお店の顔です。お店のデザインが良くなければ閉じられ、中身も薄いものしかなければ選ばれることはないでしょう。

そしてお店が今も営業されているかどうかは、お知らせやブログといった更新情報で知ることしかできません。

もちろん、ホームページがある時点で営業されていることは間違いないのですが、それでも数年前に投稿した記事が一番上にあがっていたら営業意欲とい点でもお店の評価は下がってしまいます。




なぜホームページを更新しないのか?


更新しない理由に「面倒くさい。」。これが挙げられます。

自分で更新できたとしても「文章を考えるのが面倒くさい。」。
制作会社に依頼しなければ更新できないとなると「連絡するのが面倒くさい。」「更新するとなるとお金がかかる」

といった点でホームページが更新されず放置されてしまいます。

そうならない為にはホームページを更新することを習慣付けしなければなりません。何も毎日更新しなければというわけではありませんが(本音を言えば毎日更新は絶対。)更新しないことを当たり前としているとその事自体が面倒くさくなり、とてもエネルギーのいるように思えてしまえます。





ブログの更新をしているのであれば、必ずお知らせにも出るように。


ホームページは更新してないけれど、ブログは更新しています。
そういう方も多いかとは思います。

しかしそのブログ、ホームページ内で作られたものではなくamebaやエキサイトなど外部サービスのブログではないでしょうか?
外部サービスのブログの場合、連携をしていないとブログをどれだけ更新してもホームページには反映されません。

またSEO上、良い記事を書いていれば書いているほど外部で出すメリットはないに等しいでしょう。
もし予算的に外部にブログを出さなければいけないのであれば、更新記事をお知らせにも表示させてそこからブログへ飛ばすようにしましょう。

ホームページでお店選びをしている方が皆さん、ブログに飛んでくれるほど親切ではありません。せっかく更新しているのに、ホームページでお知らせが更新されていないということだけで見込み客を逃す可能性も高いので、このお知らせ更新。ホームページで集客を考えられているのであれば今日から実行できるようにしましょう。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。