上へ戻る

滋賀のホームページ制作会社として依頼を受けることが多い2パターンの問い合わせ

滋賀のホームページ制作会社として依頼を主に受けるのは「ホームページを見て問い合わせしました。」という電話やメールです。

この時に電話してきた相手が「ホームページを作りたいから電話してきた。」とだけ見るのは×。
なぜホームページが必要で、何十万もする制作会社に自分から電話をしてきたのか。そこにはそうしなければならない理由があるわけです。

ホームページ制作会社のホームページの内容にもよりますが、一つの参考として当社に問い合わせをして、なおかつ依頼を受けることが多い2つのパターンをご紹介します。



1パターン:当社に完全に依頼することを決めている


当社のホームページでは、サイト全体でも100ページを超える内容で構成されています。

・ホームページで集客する為に必要なことは?
・実績でどういう風に集客をしてきたか
・これからホームページを制作する場合に必要なことは。

などホームページ集客に関するノウハウを日々記事で更新。これらの記事をほとんど読まれて「この会社に依頼したい」と思っていただけるのがこのパターンです。

当社では依頼をお受けする前に相談という形でお話を聞くことを中心に行いますが、ありがたいことに既に当社に依頼することを決意されている場合「集客に向けてどういうホームページを作らなければならないか」という具体的な打ち合わせを行うことが一回目からできます。

現在の悩みや情報を共有することが一回目から出来るため、製作の段取りもスムーズです。


2パターン目:提案を聞いて依頼することを決めた。


ホームページ製作を初めて制作会社に依頼する場合に気になる制作会社の二、三社に相談を持ちかけるというのが一般的です。

当社での初回相談・提案を受けて「ホームページで集客することとは。」を理解していただけると、そのまま「御社にお願いします。」というパターンになります。

依頼者側として知りたいことは、その制作会社がこれまでどんなホームページを作ってきたのか、デザインが出来るのかだけではなく自分が抱えるホームページへの悩みを解決できるかです。

この悩みの答えをわかりやすく説明し、これからホームページ製作で行わなければならないことを理解していただけると「このホームページ制作会社なら実現できそうだ」という期待を持ってもらえます。


どちらの依頼も共通しているのはホームページが欲しいのではなく、「目的」を達成させられるツールが欲しい。


2つのパターンで共通していること。

それはホームページが欲しいからホームページ制作会社に電話をしてきたということではありません。

売上が減ってきたから新規客が欲しい→どうすれば知り合い以外から依頼してもらえるか→ホームページでアピールできればという考えの元から「集客できるホームページ制作会社」を探して電話をしてきます。

となると必要なのはよくあるホームページではなく、集客出来るためのホームページなのです。

そしてホームページを公開することが目的ではなく、ホームページを公開してアクセスされて依頼や問い合わせされることが目的となってきます。

この点をホームページ制作会社が理解しておかなければ提案もデザインや最新の技術だけのものとなってしまいます。

果たして依頼してくる側が何を欲しようとしているのか、そしてホームページ制作会社としてどうすればその目的を達成させることができるのか。

当社では「集客したい」方を対象にホームページを製作・運営いたします。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。