上へ戻る

「こんな依頼はお断り」とあえて書きます。当社より他社をオススメする2つのホームページ制作依頼のタイプ。


ホームページ制作会社には色々なタイプがあります。

詳しくは【ホームページ制作会社に依頼するのはどのタイプのホームページ?】を見ていただくとして、要約すると

・すでに決まったデザインに情報をいれていくホームページ制作会社
・デザインに凝ったホームページ制作会社
・集客や問い合わせなどの目標を達成させるためのホームページ制作会社

などがあります。

ではこの中で、あえて当社には依頼しない方がいいホームページ制作の特長を書き残しておきます。

続編書きました→では当社に依頼した方がいいホームページ製作の特長をリストアップしてみます。




店舗紹介だけの数ページのホームページであれば当社に依頼しない方がいい。


まず絶対的にこの依頼は当社にしない方が依頼者側にとって手間も費用も安く省くことができるタイプ。

それが店舗紹介、会社案内の為の3から5ページのホームページ内容です。
このサイズのホームページの場合、当社に依頼するとおそらく高く付きます。

当社ではホームページ制作時の料金は一律決まっており、ページ数が5ページ程度であれば他社に依頼される方が安くすみます。


参考リンク:月額費必要なしのホームページ制作料金


なぜこのホームページを当社に依頼しない方がいいかというと、数ページのホームページでホームページ経由の集客はまず出来ません。
伝えられる内容も店舗紹介やアクセス、メニューぐらいのもので、それではお客様が知りたい「お店の特長」「問い合わせ前に知りたい本当のこと」は作れません。

おそらく数ページのホームページでいい場合、集客よりもネットでお店の名前を検索されたときに、住所やメニューがわかればいいというものだと思うのでその場合は他社に依頼したほうがいいです。



全てホームページ制作会社に丸投げしたい場合は当社に依頼しない方がいい。


続いて集客をしたいけれど、ホームページの内容や文章などは全て制作会社に丸投げするケースも当社に依頼しない方がいいです。

当社の場合、集客するホームページを制作するためにデザインと内容に凝ります。

例えば建築事務所で新規の問い合わせを得るためにホームページを制作したとしましょう。

お客様が見たいのはこれまでの施工実績やどういう風に施工をおこなっていくのか、更にその建築事務所の思いや特長の部分です。

ホームページ制作会社がヒアリングし文章を作ったとしても、専門的なものになればなるほどどこかその内容は奥がない表面的なものになります。

内容を全てゼロから三までどういう内容がいいのかというのは当社で行い、3から10までは依頼者側で文章を考えてもらいます。

なぜならそうしなければ本当の意味で思いを伝えられる内容は作れないからです。

よく誤解されることがあるのですが、ホームページに実績や基本的なことだけを載しても問い合わせはきません。

すでにそういう情報は他社でも同じことが載っているからです。比較検討されているお客様が知りたいことは、どこにでも載っていることではなく、御社をいいな、ここ興味あると思える内容なのです。




集客したい!売上をあげたい!問い合わせを増やしたい!というご依頼、喜んでお受けいたします。


当社はホームページ制作の依頼であれば何でも引き受ける制作会社ではありません。
コンセプトとしては集客や問い合わせ獲得などを目的とした、その目的を達成させるためのホームページ制作会社となります。

依頼者が考える最適なホームページが「当社が考えるホームページ」と違う場合、お互いがその時の頼るべき、依頼されるべき相手ではないかもしれません。

ただ打ち合わせを行っていくことで、「集客がしたい」ということに気づかれた場合の依頼などは喜んでお受け致しますのでお気軽にまずは無料相談からお問い合わせ頂ければと思います。

続編書きました→では当社に依頼した方がいいホームページ製作の特長をリストアップしてみます。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。