上へ戻る

どんな業種でも初心者向けガイドページを作っておくメリットと作り方

業種の初心者向けガイドページとは?

初心者向けガイドページとは、例えば建築事務所なら「家をたてるには?」や「保険に関する説明」など初心者の方が依頼前に知りたい情報ページのことになります。

当社が制作した実績で草津市の建築事務所にウイズダムデザインというホームページがあり、そこではオープンシステムを取り入れています。
金額面も抑えられて、こだわりの家を建てられるアピールの一つの為、ホームページ製作時にはオープンシステムに関する情報を10ページほど作り初心者向けガイドページを完成させました。

実際にこういうガイドページというのは問い合わせを得られるものではなく、そのページがあることでそこからの興味で会社へを知ってもらおうというものです。

ホームページ制作時に初心者向けガイドページを作っておくことのメリット

初心者向けガイドページがなんとなくイメージできたら、次はそのページがあること・更新することのメリットです。

まずガイド向けページを増やしていけば、会社やお店の業種に沿った内容が更新されるのでユーザーが見たい内容が追加される傾向にあります。
となるとSEOとしても効果があり、滋賀県 建築事務所や滋賀県 美容室などで検索順位をあげていくことができます。

ブログの更新ネタとして「施工実績」じゃないといけないと思われる方もいるかもしれませんが、ホームページを来られた方が気になる情報であれば何でも構いません。
それこそガイドページは初心者向けの情報なので、見る方にとってはまさしく見たい情報となるでしょう。

見たい情報が増え、それが検索順位でも上にあげる要因になる。ガイドページには2つの大きなメリットがあるのです。

当社の広報的に活用しているガイドページ

当社のこのホームページでもガイドページとして実は制作しています。

制作しているのはまさにこの記事であったり、トップページをスクロールしていくと読める集客ブログ。

これは「ホームページを制作して集客をしたい」方向けに日々集客に関する内容を投稿しています。

ホームページ制作会社の場合、依頼者となるのはホームページを制作して欲しい方になりますが、依頼のそれぞれで「なぜ作って欲しいのか」というのは変わってきます。

当社ではその作って欲しい理由として集客をしたい人を挙げて、だからこそ集客ブログではホームページからの集客に関するものを投稿しています。

これはどの業種であっても同じで、ターゲットが定まっていればそのターゲットごとに情報を投稿していけばホームページを見てもらえた時に「この会社に依頼しよう」という確率は高まります。

なぜならそこにはまさに自分が知りたいことが載っているからです。どんな業種でも依頼をしてくるのはその業種をあまり詳しくない初心者の人です

ですから内容を把握してもらうためにも初心者向けガイドページを作っておくということはホームページ集客を行うことにとってもメリットになるのです。