上へ戻る

滋賀で起業前にホームページを制作しておくことをお勧めする理由。

一般的に店舗がホームページを持つというのはどういう意味でしょうか。

それは「ネットで自店を知ってもらうことができる」ということです。
アクセスの数はあれど、見てもらえるということは存在せず見てもらえていないことに比べて何倍も商業的にチャンスがあります。

滋賀県の方をターゲットにされている地元の商売であれば、滋賀県のアクセスが多ければ多いほど問い合わせや、来店数はあがります。
これが逆にホームページがなければ、どれだけ頑張ってもゼロなのでありえたはずの来店というのはなくなります。

当社では起業前・店舗開店前にホームページを制作し公開しておくことをオススメしております。それはなぜか。
その理由をご紹介します。



お客さんが来ないことに気づいてからは遅すぎる


起業前というのは起業からのことを考えると不安よりもワクワクの方が勝ってくるかと思います。

またFacebookやtwitterなどで知人や友人などに起業をしたことを知ってもらい、飲食店であればオープン効果を含めて知り合いを中心に利用してもらえるようになるでしょう。

しかしオープンから1ヶ月、3ヶ月、半年と時間が経った時にほとんどといっていいほど、どこかでお客さんが来ない時期が来ます。

それはなぜか。
普通にお店をしているだけでは、新しい方にそのお店の名前や場所を知ってもらえる機会がないからです。

毎月フリーペーパーに出稿したり、印刷物をポスティングしたりすればまだ違うかもしれませんが、広告費用を全くかけない・労力を使わないということはどこかでその「知られないこと」へのリスクが出てきます。


予算と時間がない中で作るホームページの弊害


開業して数ヶ月、新規の顧客が来ないことに気づいてホームページを制作しようとしても、製作金額がなければ、あるだけの費用でホームページを作らなければなりません。

そうなるとホームページ制作会社も自ずとタイプが限られて格安で作るけど、ありきたりなホームページしか作れないものしかできないでしょう。

更に本当に聞きたい集客へのノウハウなどもないかもしれません。

何より開業しているので、日常の業務の中でホームページの様々なことも打ち合わせをしていく。すると時間がないから、お互い気持ちが入っていないホームページが出来上がる可能性が高くなります。



公開してすぐに検索順位が上にくることはありません。


またホームページが公開してからも、アクセスを増やすためには検索キーワードで順位を上にあげていく必要があります。

滋賀県 美容室や草津市 整体院など。

ただしホームページを作って、公開してすぐに検索順位で上にあがるというのはよほどのスモールキーワードか、ドメイン自体が元々評価が高くないとありえません。

滋賀県や地元で商売をしようとすると狙うキーワードは自ずと地域×業種になってくるのでこれですぐに1位になれるほど甘くはないのです。

しかし起業前の準備期間として2,3ヶ月あれば起業時には検索順位も1ページ、良ければ各キーワードで3位以内に入ることができるので起業スタートと同時にホームページも活用することができます。


今回あげた3つの理由には、ホームページを制作して集客するために必要な要素が含まれています。
この要素を「お客が来ない!」と気づいた時にするか、それとも準備期間からコツコツと制作会社と打ち合わせをして作っておくか。

より良いホームページを制作するためにも、起業前の製作をオススメしています。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。