上へ戻る

これからの滋賀のホームページ制作会社が求められるいくつかのこと。

滋賀県 ホームページ制作会社と検索すれば、数多くでる滋賀県内のホームページ制作会社・事業所。

製造業や飲食店に比べて設備投資も必要なく、始めようと思えば名刺を作って、WEBサイト作れば今日中にでも始められる商売です。

その為、中小数多くのホームページ制作会社が滋賀県にも数多くあるわけですが、その中でこれから事業が存続していくために必要だと思われる「求められる」点をいくつか書いてみます。





1.値段を売りに出した時に求められること


まずは値段という部分をホームページ制作会社のアピールした時に求められること。

それはホームページ制作に対するスピードともちろんお値段です。

値段で張り合おうとすると5ページで全体で5万円というホームページ制作会社も存在するわけですが、金額を重視して選ばれる依頼者の場合は、受注するにはそれよりも低くする必要があります。

また金額も安くて早く公開したいという方も多いので、受注して1週間後には公開というケースも多いでしょう。

かわりにそこまでの質は求められていないため、今後この価格を売りに出すのであれば、デザイン性の高いテンプレートを数多く作って、それを元に売り出していけば生きていけるかもしれません。

ただwixやJimndoにはじまり最近はamebaも同様のホームページ制作サービスを始めたため、ここらへんと戦おうとするとかなり疲弊してしまう感は否めないですが。



2.デザイン性の高いホームページを求められること。


美容業界などに多いのがこのデザイン性の高いホームページを求められることです。

ホームページへのアクセスよりも、どれだけ個性的でなおかつ依頼者が必要とすべきデザインのホームページ制作を作ることができるか。

この場合ホームページ制作会社としての制作の進め方は、まず依頼者がどういったデザインを求められているのか、更に誰を主としたターゲットにするのかを打ち合わせすることです。

もしターゲットが若い20代の女性であっても、制作するホームページが40代・50代向けのデザインを求められた場合、それで本当にいいのかどうかは制作側がしっかりと聞き制作を進めなければ、お互いの意見が噛み合わずい頓挫してしまうケースになります。



3.結果をコンセプトにした時に求められること


当社が主にコンセプトにしているのがこの結果。当社の場合はホームページ制作による売上げアップや集客アップをコンセプトにホームページの制作サービスを提供し、その後の運営までをサポートしています。

参考リンク:

結果をコンセプトにするのであれば、求められるべきは数字です。ホームページを制作・運営してどれだけの集客があり売上ができたか。
その数字をクリアし、なおかつ制作金額以上の価値を還元できたか。

この点をクリアしていけば、依頼者側はもちろん「必要な広告費用」としてお金を出してくれます。

だからこそホームページ制作会社側がするのは口だけの集客できます!ではなく、そこに対するノウハウが必要となる。


ホームページ制作会社が事業を継続していくためには、必ず受注が必要になっていきます。価格を売りに出すのか、結果を売りに出すのか、はたまた違うものを出すのか。
それぞれの強みを活かして、なおかつ求められることをクリアにしていくことがこれからの滋賀のホームページ制作会社に必要なことだと考えています。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。