上へ戻る

滋賀の格安ホームページ制作会社が生き残る為に重要なこと

ホームページ制作会社の3つのタイプ。さてあなたに一番最適なタイプは?にも書いたとおりホームページ制作会社にも色々なタイプがあります。

当社の場合に集客を専門としたホームページ制作会社もあれば、初期費用ゼロ円で毎月数千円の支払いでホームページを制作する格安タイプの製作会社もあります。

JimdoやWix、最近だとamebaがポートフォリオ系のホームページ制作サービスをリリースされるのですが、これから先格安のホームページ制作会社が運営し続けるためにはどうすればいいのか。

こうすれば生き延びれるのではという所で3つのポイントで考えてみました。


スマートフォンにも対応できるレスポンシブのテーマを複数所持


例えば下記条件で制作費が5万円、毎月の管理費が3,000円という制作会社があったとします・

・テンプレートデザイン
・トップページを含め6ページ
・Wordpress
・問い合わせフォーム

格安ホームページを依頼する側は多くの場合、個人客を対象として小売店や飲食店などが多いです。その為、個人向けサービスとしては必須となるスマートフォンサイト。

これをレスポンシブデザインで予め複数のパターンを作っておき、当てはめるだけの状態にしておきます。
手間も省け、依頼者側にはスマートフォンサイトの作成というアピールも行うことができます。




地域性を活かしつつ、効率性をあげる制作の流れのテンプレート化


滋賀県のホームページ制作会社ということですが、値段が安いだけに直接打ち合わせを何度もしていては手間賃が増えていくだけで利益があがりません。

そこで地域性を活かして2度の直接打ち合わせまでを可能にして、なおかつ効率をあげるために制作の流れをテンプレート化しておきます。

つまり最初の打ち合わせでデザインや内容の細部までをチェックシートで決めておき、2回目の打ち合わせでは簡単な写真撮影やホームページの更新ガイドなどを行います。

作り込みができない分、効率化+サポートという形を提供することができれば滋賀の格安ホームページ制作会社としても値段以上のアピールをすることができるでしょう。





ホームページ公開数年後のリニューアルの再依頼に向けて


格安でホームページを制作したとしても、数年後には本格的な集客に向けてリニューアルをするという話が出てくるかもしれません。

リニューアルに関しては事業も初期時に比べて軌道に載っていますし、制作金額についても予算として数十万単位で考えられる可能性も。

そこへつなげるためにも毎月の管理費がただの名ばかりの管理だけではなく、しっかりしたサポート・提案を行い続ければリニューアル時も「じゃあ、御社でお願いします。」という信頼も掴めることができます。

時間がかかる方法ではありますが、最初の格安で顧客を多くつかみリニューアルで希望となる制作内容・制作金額を頂戴する。

このサイクルを回していければホームページ制作会社としてのノウハウの積み上げ、更には新規顧客開拓+LTVをあげる方法にもつなげることができるかもしれません。

これからホームページ制作会社をはじめたいという方は、金額面で勝負するなら上記3つの項目を参考にしていただければと思います。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。