上へ戻る

  • 投稿日:2014年12月24日
  • カテゴリ:

洋菓子・ケーキ店_なぜケーキ屋にホームページを作るのか。

地域名 ケーキ屋で取り逃しているお客様の正体。

ケーキ屋でホームページを実際に制作して運営しているというところは地方に行けば行くほど少なくなります。
もちろんケーキ屋の分母の面もありますが、その前に「ホームページなんか作ってどうするんだ。」という認識があるのではないでしょうか。

では逆にホームページがあれば、どうなるのかを考えてみましょう。

例えばホームページがあることでケーキ屋として伝えられる内容は

・取り扱いケーキの種類
・シェフプロフィール
・ケーキへのこだわり
・アクセス

などになります。それ以外にも
・ハロウィンやクリスマスなどの季節系のケーキ紹介
・キャンペーンなどの紹介

など期間限定のイベントもホームページがあれば情報として伝えることが出来ます。
ホームページを作るということだけ単体で見ると「作ってどうするんだ」という認識になりがちですが伝えられる情報という部分で見ると、この情報だけでも集客に繋げることが出来ると考えられるのではないでしょうか。



まずケーキ屋としての認知度を考えた時に、地元に住まれている主婦の方々は街のお店などに詳しいから知っているかもしれませんが、お父さん方はそこまででしょう。
長くお店をされていても、通勤時間には真っ暗になっていて存在自体を知らなかったというのもザラにあります。

しかしお父さんがターゲットから外れるというのではありません。家族へのお土産を買ってくれる存在として複数個のケーキを購入するお客様としては最適な方になります。


そんな時に地域名 ケーキ屋でお店のホームページが見つかると見つからないでは当然大きな違いになります。

まず見つからない場合、検索している方にとってはお店に行こうと思う気にはなりません。そこがどれだけ美味しいケーキ屋でも知られていなければ候補にははいらないのです。
逆にホームページが見つかっても、そのホームページが素人感があったり、写真自体が美味しそうにみえなかったりするとそれはそれで逆効果です。


ホームページを作る時に、購入する方がこのお店なら行ってみようかとまず行ってみたくなるか。
その時に写真だけではなく、こだわりやシェフのプロフィールはその気にさせる情報になります。


この情報は口頭で伝えられることもありません。
そういう意味でホームページを作ることへのケーキ店・洋菓子店へのウェブ集客ができるようになります。



もしかしたらホームページというのは、基本的なお店の情報だけしか書いていないものというイメージがありませんか。

参考にですが、下記のようなホームページがケーキ屋 ○○で検索して引っかかったらどうでしょうか。
お土産になにかをと考えていたとお父さんが「このケーキは美味しそうだ!」とちょっとテンションがあがるのでは。


洋菓子専門 CHEZ Tani (シェ・タニ)
http://www.chez-tani.com/


西洋菓子 ぎおんさかい
http://www.gion-sakai.com/


ようはホームページをただ作るのでなく、どう魅力的に作るかです。ぜひ上記サイトも含めて参考にしてみてください。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。