上へ戻る

  • 投稿日:2014年12月24日
  • カテゴリ:

洋菓子・ケーキ店_ケーキのコンテンツで語ることは?よくある内容をアレンジしてみた。

ケーキ屋のホームページで花型とも言えるコンテンツが、ケーキへのこだわりとケーキの種類によるものです。

ケーキ屋のホームページを見る大半の方は「どんなケーキがあるのだろう」という興味から当然この2つのコンテンツへは閲覧されやすくなります。


そんなケーキの種類のページですが、よくあるのが各ケーキの写真と、簡単な説明文。

ショートケーキの内容なら「大きないちごが上に乗っている人気のケーキです。」といったところでしょうか。

しかし実店舗でのショーケースと違って、香りも雰囲気も味わえないホームページだけでその簡略な説明文と一枚の写真で果たして行ってみようと思えるでしょうか。

今回はケーキ屋のケーキの種類のページとしてよくある内容をアレンジしてみました。

実際にその文章を読み、食べたいと思えるものになっているか見てみましょう。



よくあるケーキの種類に関する説明文


まずはよくあるケーキの種類による説明文としてチョコレートケーキに関する内容を書いてみます。

スポンジとチョコレートクリームをたっぶり使った当店の人気商品です。

どうでしょうか。
結構よく見る内容なのでは。
ではこの記事を例えばお店のこだわりと共に、こういう風に変えてみてはどうでしょうか。


当店の人気商品といえば子供も大好きなチョコレートを使ったチョコレートケーキ。

しかし当店のチョコレートケーキはまず主役となるチョコレートにこだわっています。

チョコレートといえばカカオマスを原料に砂糖やココアパウダーを混ぜて作るお菓子ですが、このチョコレートの原料となるカカオ豆を当店ではチョコレートの名産国であるガーナから取り寄せ。

チョコレートケーキの味を左右する元の原料だからこそここの原料にまずこだわり、その風味を活かすように丁寧に作り上げています。

チョコレートのスポンジもこのカカオ豆を使用し、口に入れた瞬間に風味が広がる上品な味となっています。


もしかすると子供が初めて食べるチョコレートケーキとしてはやや贅沢なこだわりになっているかもしれません。

ですがこのこだわりのチョコレートケーキを食べて頂くことで、カカオ豆から出来た本当の甘さと美味しさを知ってもらえることでしょう。



この内容のポイントはただ文章が長いだけではありません。
こだわりを伝えて、まるでどんなケーキかを想像できる内容に工夫しています。しかもこの内容だけだと文章しかないのでイメージしづらいかもしれませんが、チョコレートの調理風景や完成されたチョコレートケーキをイメージ良く写真と上手く工夫して作成することで、より食べてみたいという気持ちにすることができるでしょう。


伝えたい内容は文章を長くすることが重要なのではなく、より食べてみたいという気持ちにさせるために伝える事が重要ということです。
そしてそれを伝えるためにありきたりな文章を書くだけでは伝わらない可能性が高い。

お店にとってはもしかしたら数多くある商品の1つかもしれません。
しかしお客様にとってはお店に行きたくなるキッカケとなる大切な商品の1つなのです。ホームページを制作する場合、この商品の魅力を伝えるという点にも注意しながら作ることが重要です。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。