上へ戻る

  • 投稿日:2014年12月24日
  • カテゴリ:

水道設備業で新規をホームページで掴むために必要なコンテンツ「水道修理店の選び方」

身近に利用される業種ならいざしらず、緊急時の対応などが多くなりがちな水道設備業。

依頼者は個人になりますが、判断材料が何かわからないためどうしても大手でCMを打たれている所にお願いするというのが多くなります。


もちろん同業者に言わせれば、広告を打っていたり、各都道府県にいる提携店に依頼するため施工価格は高くなってしまうというデメリットがあります。

ですが個人の方にとっては元となる金額がわからないため、どの金額が高いのか、そしてその業者が良いのかというのはわかりません。

逆に言うと、その悩みを解消できるコンテンツをホームページに制作すればいいのです。

題名は「水道修理店の選び方」や水道修理店ガイドなどにしてみてはいかがでしょう。

一例としてどんなコンテンツとなるのかを挙げてみます。


明確なポイントをまず挙げてみる


個人にとって、初めて依頼する業者がまず信頼できるかどうかというのは重要な選ぶ材料となります。

そして水道修理店においてその材料となるのが、指定工事店であるか、更に金額はどうか、良心的な対応をしてもらえるかというところです。


各市町村から認定されている指定工事店であれば、一般の方は「ぼったくりする会社ではないだろう」というイメージを自然と持たれます。

また水道修理の内容によっては指定工事店が記入することで市から一部免除される金額もありますが、そういう部分も含めてコンテンツにします。

金額では○○○円からと書かれている部分も、平均の価格を掲載したり、実績からある程度イメージ出来る部分を掲載することも重要です。


良心的な対応としては無料調査がどこまでの範囲でできるか、提案へのポリシーは何なのかなどお客様の立場にたったときにこんな業者がいてくれればという内容をイメージして制作していきます。


選び方に自店の特徴をどう入れていくか


選び方のポイントが挙げられていけば、次はどういう形で自店の特徴をアピールするかです。

またこの時に注意したいのが他店を蹴落とす形で自店の強みをアピールする必要はありません。もちろん悪徳業者を例にしてであればいいかもしれませんが同業他社の悪口などを間接的に書いてしまえば、読み手にとってはその店舗へのイメージを悪くすることに繋がります。

多くの水道修理店は地域密着でされている所が多くなり、そうなれば「○○市なら○分で対応」などスピード対応を訴えたり、地元密着型だからこその信頼感を与えることもできます。

ホームページ上では文字として○○県全域対応と書かれているところも多くなります。

お客様にとっては○○県全域対応という情報よりも、自分の住んでいる地域でどれだけの仕事をしていて、対応ができるのかというのが読みたいですし、行動を起こすキッカケにもなります。



水道修理店の選び方をホームページのコンテンツとして制作していく場合は、このようにまずは判断基準を挙げて、更に自店の特徴をどう絡めていけるかを考えていけばより新規獲得につなげることができるでしょう。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。