上へ戻る

  • 投稿日:2015年1月13日
  • カテゴリ:

スポーツ傷害の接骨院としてホームページからの集客を!滋賀の接骨院WEBで集客実例。

condi_1

接骨院と一口にいっても施術方法や、その先生のこれまでの施術経験などによって得意な症状改善は変わってきます。

今回製作したりっとう手原接骨院はその中でも各スポーツ症状の改善を得意とした接骨院。元々院長先生が長年スポーツをしてきており、大きな怪我などを乗り越えたスポーツをしている人にしかわからない苦しみというのも知っています。

接骨院でホームページからの集客だけではなく、スポーツ症状の改善ができる接骨院として集客するためにはどうすればいいのか。
実例から紹介します。

りっとう手原接骨院:http://conditioning-labo.com/

スポーツ症状でホームページを集客するために必要なこと。


condi_2
スポーツ症状でホームページから集客するということは、前提としては「スポーツで怪我をして悩んでいる人」がいることになります。

そしてその方がホームページを見て「ここなら治してくれそう!」と思ってもらえることも重要なわけです。

もしA接骨院とB接骨院のホームページがあって、Aは肩こりや腰痛などの慢性症状しか書いてなくて、Bがスポーツ症状改善専門に関する内容を書いていたらどちらに診察にいくでしょうか。

ユーザーを絞るということは、デザインも合わせて、コンテンツもその内容をしっかり作ってアピールするということです。

これが出来なければ、「ターゲットはこれです。」といってもホームページはそれを絞り込めない絵に描いた餅となってしまいます。


慢性症状に関しても作りこんでおく。


condi_3
スポーツ症状だけではなく、頭痛や肩こりに関する慢性症状に関しても制作しました。

なぜ慢性症状に関しても作ったのか。それは栗東 接骨院で検索された方に関しても集客する為です。

スポーツ症状に関するコンテンツしかないと、頭痛などを治してほしい見込み客を逃すことになってしまいます。重要な事は、ホームページでの一番の集客は「スポーツ症状で悩んでいる人」ということ。

この部分をまず一番のアピールとし、その次に慢性症状に関してもホームページのデザインで見つけやすい場所にある必要があります。



治療院のスマートフォン対応をおこなっておく。


condi_4
個人が利用することが100%となる接骨院では、スマートフォンサイト化も絶対です。

例えば電話予約をしたい場合、パソコンのホームページでは電話番号をメモして打って、電話をするという面倒な手間が必要となります。

スマートフォンサイトであれば、電話ボタンはワンクリックで掛けることができ初めて予約するときの気持ちのハードルを下げることが出来ます。

更に毎回文字が読めないからと拡大する必要もなかったり、どこにリンクがあるのかがわかりやすく作れるのもスマートフォンサイトのメリットです。

何年も前に作ったホームページで、集客できていたとしましょう。

でも実はその数が最大数ではなく、スマートフォンサイトに対応させればもっと集客できるという可能性を秘めています


ホームページ制作後の実際の効果


ホームページ公開後、スポーツ症状の患者さんはもちろん、慢性症状の患者さんも訪れるようになった接骨院。

集客できた理由の1つとしては、ホームページでターゲットを絞っただけではなく、そのターゲットが検索されるであろうキーワードを上位表示させたことにあります。

検索キーワードでは下記のキーワードで検索順位が上にあがっています。

主な上位キーワード
栗東 接骨院3位以内
野球肩 栗東 治療3位以内
アキレス腱炎 治療 栗東3位以内
捻挫治療 滋賀3位以内
テニス肘治療 滋賀3位以内
野球肘治療 滋賀3位以内

どれだけ良いホームページを作ったとしても、みてもらうことが出来なければ集客は出来ません。

理想的な流れは中身を作りこみ、ターゲットを絞り込んだデザインを作り公開。そこから検索順位であげていき狙い通りのユーザーを集客できることにあります。

そこまで考えて作るからこそ、集客の可能性をグンッとあげることができます。ぜひ現在集客でお困りの方は、今回の実例を元に「ターゲットを絞ったホームページ」の作り方を参考にしてみてください。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。