上へ戻る

元請けとしての仕事を増やしませんか?

工務店などの建築業のホームページを制作するとき、目的は何になるでしょうか。

多くの工務店や一人大工の場合、下請けという立場であることが多いです。

下請けは営業活動を抑えて本業に集中できるというメリットがありますが、「本来頂けていた費用」を頂けないという大きなデメリットがあります。

費用は工期の日程、材料費などに関わってくる部分で、建築内容の品質を大きく左右する部分です。

その為ホームページを制作されるときの目的は「元請け」として仕事が受注できる問い合わせ数増加のホームページとなります。


元請けとしての仕事が増えることのメリット

リフォーム工事や新築工事などの住宅建築では、最終的なクライアントは個人のお客様となります。

下請けの場合は、クライアントと直接契約を結んだ元請けの意見が絶対であることが多く、クライアントのより良い建築よりも工期厳守の方が重要視されます。
例えば下請けの工務店が「こうしたらもっと良くなるのに」と思っていても既に決まった予算や工期をずらすことは現実的に難しいです。

元請けの場合は、下請けと違い元請け業者を通さないため予算や工期の変更を直接お客様に進言することができます。

仕事がしやくなる、良い質を求めることができる、マージンを支払う必要がなくなるなど元請けだからこそメリットが出てきます。

では個人の方が仕事を依頼したくなるホームページとは

建築業の場合、身近に知り合いの工務店の方がいらっしゃらない場合ほとんどが新規で問い合わせする必要があります。

リフォーム工事などであれば紹介などによって施工する場合も多々。

その中で建築の知識がないお客様にとって、ホームページで「ここにお願いしたい」と信頼を持ってもらうためには施工実績と人柄が重要になります。

工務店の選び方などがこれまで経験したことがないお客様は、わかりやすい「信頼」を提供する必要があるのです。

下記は弊社が制作した大津市の工務店のホームページですが、人柄と同時に施工実績をメインで紹介しています。

地元で信頼出来る工務店にお願いしたいというお客様をターゲットにし、その上でお客様の悩みを解決できる施工実績を掲載。

滋賀県内にも多くの工務店や建築会社がありますが、ホームページを使用して自社のアピールをしていく会社はまだまだ少ないです。
タウンページを引っ張りだして、電話してもらうことよりも、会社名を検索してホームページを閲覧してもらうことが当たり前になった今。
時代に取り残されないよう、元請け企業として生き残るためにWEB集客は重要です。

施工実績は分かりやすく、更新しやすく

施工実績の更新は工務店のホームページであれば、更新頻度が高くお客様が見たいコンテンツとなります。

またテキストだけではイメージがつきにくいので、写真も一緒に掲載して紹介する必要があります。

施工実績を更新していくと、どうしても情報が探しにくくなるため、わかりやすくカテゴリ別で見れるようにすることも重要です。
更新が面倒くさいと、それだけでホームページが更新されなくなってしまうため、簡単に更新できるようなシステムをホームページ製作時には搭載しておきましょう。

工務店・建築事務所 ホームページ制作実績