上へ戻る

自兼件店舗のエステ・脱毛・ネイルだからこそ

美容関係(エステ、脱毛、ネイル)の店舗は比較的1人での開業がしやすく、自宅兼店舗などでお店を開いていらっしゃる店舗が多いです。
またブログをホームページとして利用されている店舗も多く、業界別でいくとWEB上に何らかのメディアで発信している店舗が多い業界ではないでしょうか。

ただとりあえずお店のホームページとして始められるケースも多く、更新内容も日常のプライベートの日記をただ更新しているだけという店舗も数多く見受けられます。

個人のお客様を対象にしている美容業だからこそ、ホームページに求める効果は集客。
滋賀県でも数多く存在するエステやネイル関係の美容業で、「ここに行こうかな」と興味を持ってもらえるにはどうすればいいかご紹介します。


他店と差別化のない内容では集客なんてできない。

まず営業用のホームページとして重要なのは新規率を増やすこと。
リピーター率の低い飲食店と比べて、営業スタイルが○ヶ月毎や回数券販売が多い美容業では最初にお客様に来てもらうことが必要です。

また実店舗が表通りに面していなかったり、マンションの一室の場合店舗名を検索してもらう効果も薄くなります。

その為、新規のお客様を獲得するために「地域名 エステ」や「地域名 ネイル」などで上位に表示することが先決となります。

その上でコンテンツとして「どのような効果があったのか」と利用内容が面倒くさくないか、どんなお店なのかを表現することになります。

お店の雰囲気をしってもらった上で、美容に関する効果をネット上で感じてもらえる。
その為に画像や動画を使った方法で認識しやすくすることも重要です。

既存客に対してのWEB集客方法

一度お店に来てもらえると、どういう方法で利用できるのかやアクセス方法などを知ってもらえます。
その為リピーターに関しては、来店動機として二回目、三回目に得られる効果やキャンペーンなどが必要でしょう。

また時期を先取りした美容内容もホームページで告知することで、既にお店を知らている人へのアピールともなります。

更新する記事なども、一度店舗に来て足が遠のいている方へ、「○回来ることでこういう効果を得ることができます。」を実績とともにアピールしましょう。


スマートフォン利用が多い美容業なら当然…

業種によって異なりますが、個人の利用が大半となる美容業の場合、ホームページを閲覧する割合として滋賀県でもスマートフォン率が5割強となってきました。

美容業の場合、iPhoneで見ることができないFlash系のサイトが多く、それでは重要な情報も見ることができません。

スマートフォンサイトの利点は目的の情報へ直感的に移動させることができます。

またPC用サイトであれば画像が大きいとホームページが開くまで時間がかかりますが、スマートフォンサイトであれば容量も軽く作ることができホームページの閲覧時間のストレスを軽減できます。

集客を目的としてホームページを制作するのであれば、利用する人に合わせた内容を心がけることが必要です。

エステ・脱毛・ネイルホームページ制作実績

  • 美's

    美’s

    • 草津市
    • エステ
    • 製作期間1ヶ月半