上へ戻る

病院のホームページは集客できるのか

医療といっても大きな病院から、街の整骨院、鍼灸院と大小、種類は様々です。
ですがどの病院も、求められることは病を改善すること・治すことです。

ただし病院のアピールをするために「その病気、絶対に治します」と当然ですが書いてはいけません。
医療法の広告規制に引っ掛かてしまいますし、何より人の体も症状も全く同じ内容はなく「絶対」ということは言い切れません。
広告規制等がある中、ホームページをなぜ作るのか。

その目的は病院の認知度上昇に他なりません。

ユーザーが知りたい時に知ってもらえるように

大きな病院であれば、建物の立地上から、日常でも「あそこにあの病院がある」ということは認知されています。
しかし小さな病院(歯医者、鍼灸院、整骨院)などの場合、意識することで初めて認知されることが多いです。

またその場合、患者様が「○○の病気を治したい、改善したい」と考えて調べられます。
昔ならばタウンページなどで病院を調べることが多かったですが、今ならインターネットで「地域名 歯医者」として調べることが当たり前となっています。

その時ホームページがなかったりすると、検索結果に表示されるのはタウンページのネット版や口コミサイトで病院名だけが記載されている内容のページになります。

逆にホームページがあれば、病院がいつやっていて、どんな病院なのかをアピールすることができます。
病院に行く患者様にとって、知りたいことは利用時間やアクセスだけではなく、心の不安を改善できる「何か」でもあります。

そこでアピールするときの内容として、基本的な情報だけではなく、プラスアルファの情報が必要となります。


初診に行く前に安心できるホームページが理想

弊社が運営・制作しているホームページを閲覧してもらうと、この鍼灸院がどういう鍼灸院でどんな人が施術してくれるのかということがわかるかと思います。

ホームページ経由で新規の患者様が来院されることが多く、多くの患者様が「ここなら安心してお任せできる」と初診であっても訪れてくれます。

その要因としてあるのは、鍼灸への経験・知識をホームページで読んでもらう事で認識してもらえること。
そして各症状に対する症例実績があることです。

よくある悪いケースとして、症例への簡易的な説明のみの内容を見ますが、それでは患者様の知りたいことをカバーしているとは言い切れません。
どういう原因で、どんな施術を行い、結果どう改善したかを細かく記載することで、患者様は「ここならなんとかしてくれるかも」と思ってくれるのです。

文章を書くのは大変な作業となりますが、こういった地道な活動が結果病院の確かな信頼と広報活動につながります。

医療系のホームページの場合、平均閲覧率も他の業種より高い傾向にあるため、内容の濃い文章であっても読み飛ばされることなく読んでもらえます。
ぜひ病院の広報活動及び、自身の施術記録の一貫としても、ホームページを活用してみましょう。

治療院・病院 ホームページ制作実績