上へ戻る

リスティング広告の出稿・代行を行います。

そもそもリスティング広告とは何か

ホームページから集客するには大前提として、ホームページに人が訪れなければいけません。

しかし公開して間もないホームページには、検索結果で上位に表示することは難しい。

例えば家具屋のホームページを公開して、「滋賀県 家具屋」などですぐに1位に表示されれば良いのですが、それまでには1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月というスパンが必要となります。

そうなるとせっかくホームページを作ったのに、集客が出来ない。
そこでGoogleやYahooの検索エンジンに対して広告費を払うリスティング広告があります。

リスティング広告とは検索キーワードに応じた広告を表示することができます。

例えば「家具屋 滋賀」など自分が表示したいキーワードを設定することで、そのキーワードを検索した人の検索結果に広告枠としてホームページのリンクを表示することができるのです。


広告を出稿するには?費用はいくらなの?

リスティング広告では、広告をクリックされて初めて課金されます。
1クリックに対しては各キーワードによって異なりますが、50円~300円ぐらいといったところでしょう。
GoogleもYahooもどちらであってもアカウントを持っていれば、今からでも登録して出稿が可能です。

ただ操作画面が少々難しかったり、します。
そこで当社ではホームページ公開時にこのリスティング広告の代行出稿を行っております。


自然検索では出来ないリスティング広告の良さ

リスティング広告では地域を限定して広告を出稿できます。
滋賀県を中心とした商売をされている店舗に北海道の人が多くホームページに訪れても集客には結びついて来ないですよね。
でも「家具屋」というキーワードで上位に表示させたい。
そういう時には地域を限定して「家具屋」を検索している「滋賀県」の人に広告を出稿させるという方法が出来ます。
またスマホ優先での出稿も可能ですので、スマホユーザーの閲覧率が高いホームページの場合はスマホでの広告出稿に力を入れるということも可能です。


リスティング広告でしか知ることができる要素

ホームページを公開してある一定の期間が経ち、順調に自分が狙っていたキーワードで上位に表示できたとします。
また集客数に目標とする数が取れていれば、リスティング広告はする必要はないかもしれません。

ただリスティング広告をすることで、知ることができる要素というのも存在します。
それは1つの問い合わせや依頼、予約などに対してどれぐらいの費用がかかるのかということです。

リスティング広告をしない場合、基本的にはホームページ運営に費用はかかってこないのでどれだけ問い合わせがあっても0円で集客できたことになります。

ですがもし今後集客が出来なくなったりしたとき、リスティング広告をその時始めようとしても「どれぐらいの費用が適正なのか」というのがわかりません。

その時に自店での集客にいくらぐらいのお金が必要なのを知っていれば、広告費用を調整することが出来ます。
またリスティング広告では自分たちが「このキーワードであれば集客できる」と思っていたものが、そこまで集客できていなかったというケースがあります。
しかも逆に「このキーワードが集客できるの」というケースも。

このように発見されたキーワードに対して今後のホームページに活用することができます。

今後のことを考えて、自店のホームページの集客データを知るためにもリスティング広告の出稿は定期的に行うことをおすすめしております。