上へ戻る

WEBサイトのアクセスレポートとはなにか

WEBサイトでは毎日どれだけの人がどんなページを見に来ているのかをわかるアクセス解析ソフトが存在します。
弊社ではGoogle社が提供しているGoogle analyticsを設置してその情報を見るようにしているのですが、実はこのソフト専門用語などで少々わかりにくい点があります。
操作方法に慣れても、そこから自分が知りたい情報の取得内容を把握しなければなりません。

そうなると面倒くささが出てきて、「アクセス解析はあるけど見ていない」ケースがちらほら出てきます。

そうならない為に弊社ではクライアントがわかりやすいようにレポートとして提出しています。

アクセスレポートの中身
基本的には定期的(3ヶ月毎)なレポート提出となります。

中身としては
・前提出期間から今までの毎月のアクセス推移
・WEBサイト流入から読み取った内容
・コンテンツの人気度
・ユーザーのページ閲覧順からの流れ

この情報を元に「今後○○というコンテンツを強化すべき」、「あまり御店のWEBサイトに○○の情報が必要なユーザーは少ない」などを提案していきます。


アクセスレポートを活かしてもらうためのWEB制作方法

弊社のホームページ制作では公開後クライアント自身で更新ができたり追加できるようなシステムを全て付けております。

これまでのホームページ制作では更新したりする場合、WEB制作会社に追加費用を支払ったり、毎月管理費などを支払わなければいけなかったのですがそれでは全く更新しない月に無駄な費用となってしまいます。

また今のSEOではより質の高いコンテンツを発信し続ける事が重要です。
もしその為に毎日コンテンツを更新しようとしてもWEB制作会社に任せると、制作会社側のスケジュールなどで1週間遅れての更新というケースも。

そうならないためにもクライアント自身で更新できるシステムは必須です。

よりWEBサイトで集客を挙げたい場合は、全力でバックアップしていきます、是非レポートを活かしてください。