上へ戻る

集客できるデザインとはなんでしょうか。

印象的なデザイン?それとも情報が探しやすいデザイン?

ホームページ制作会社に依頼する場合、ホームページのデザインをお願いするイメージが強いかもしれません。
ですがホームページのデザインは制作会社の考え方で変わってきます。

流行に沿ったデザインにしようとすると特徴的で驚くようなデザインになるかもしれません。もちろんそのデザインの作り方が集客に沿っていれば何も問題はありません。

重要な考え方はデザインありきで作っていくのではなく、まず集客するための構成を考えてその構成を形にする必要があります。


ターゲットに合わせたデザインとは


ホームページの制作事例として、弊社が制作した金買取店のメイクワンのホームページを見てみて下さい。
このホームページからどんなことが感じられましたか。




また滋賀県の建築事務所 ウイズダムデザインのホームページはどうでしょうか。

前者はターゲットとして「買取店を利用したことがない女性」を、後者は「木の家の注文住宅を出来る限りリーズナブルに建てたい方」をターゲットとしてとして制作しています。

そうしたターゲットがホームページに訪れた時にまず離脱させない為のキャッチコピー、そしてそれを上手く伝えるデザインが必要になります。


次は読みたい内容を、目立つ場所又は印象づけるデザインとし制作しておきます。

ホームページを見てすぐにA社に決められるよりも、同業他社のホームページをいくつか見て比較されることが多い。
そうなっても、比較された時に見やすい・信頼できる・印象的なデザインは、よくみるホームページのデザインよりも覚えてもらえ、コンテンツを読んでもらえる可能性をグッとあげます。


ではそういうデザインを当社であれば、どうやって制作するのかご紹介していきます。

Otimo的ホームページのデザイン制作の流れ


当社の作り方:ラフ編

当社ではホームページのデザインをする前に必ずターゲットを決めておき、更にどんなコンテンツが必要になるのかまでを打ち合わせの中で提案していきます。

またすぐにデザインを作るのではなく、構成としてのラフ案を制作します。



このラフ案でおおよその位置や情報の順位付けを行っておき、打ち合わせを行います。

すぐにデザインを始めない理由として、依頼者様の現状と今後の集客に関する考え方を聞き、なおかつターゲットを決めておかなければこのラフ案も全く見当違いのものができあがってしまいます。
ゴールまでの道が直線なのに、最初の段階で斜めを向いてしまうと集客までの道のりに辿りつけなかったり、辿り着くまでに苦労してしまう。

そういうムダを出来る限り省くために、最初にデザインを作るのではなく、ターゲットを決めてそこに沿ったラフ案からはじめていきます。


ホームページデザインの制作は、A案とB案を制作します。

当社ではデザイン案はA案とB案の2つの案を作ります。

「買取を初めて利用する女性」をターゲットにするメイクワンの事例では2つの案でこの案を制作しました。




2つの案だからといって色が違うだけではなく、全くデザイン自体が違うものが出来上がります。
なぜ2つを作るのかというと、2つ作る過程で見えてくる新しいアイデアと気付き、そしてそれは依頼者様自身が「こういう考え方もあるな。」という展開に持っていけるためです。


どちらの案もコンテンツの内容は一緒ですが、伝え方を変えてみたり、印象的な部分を強調してみたりすることでより集客できるデザインへと近づけることが出来ます。


集客=文字だらけのデザインではなく、どうすればより伝わえるのか、印象的に残るのか。そしてそれがターゲット目線であるのかが重要になります。

それは依頼者様ももちろんですがホームページ制作会社の当社にとっても必要な目線となり、考えなければならないことです。

考えることが多ければ多いほど新しい気付きは生まれていきます。その中でよりデザインがよくなることで中身となるコンテンツも良く外面となるデザインも良い、より集客できる可能性をあげられるホームページとなるのです。

続いて読んでいただきたい記事:滋賀県×業種で検索上位にあげる地域SEOの考え方