0748-60-2249

ご相談フォーム

滋賀に特化したホームページ制作会社のメリット

merit


直接打ち合わせできること

direct meeting

ホームページ制作業務は、電話やメールの応対だけでクライアントと相談し制作することが可能です。
その為、全国展開で行うことも可能な業種ではあります。
(例えば出張エリアは会社のある住所にして、電話・メールを全国対応という風に)

確かにホームページのデザインをテンプレートにして、ただ内容を入れるだけであればメールなどで事足りるかなと思うのですが、ホームページで集客しようとする場合、ターゲットとなるユーザーが誰になるのか、お店のアピールしたい内容、また依頼者の方にとっても「伝えたいこと」はしっかりと盛り込むためには。

電話よりも直接応対しなければ打ち合わせもスムーズにいきません。

これは経験の部分でもしっかりと打ち合わせを行ったホームページは伝えたい意図を形にしたものが必ずできます。
その面でも当社ではホームページを制作する場合、最低でも4回の直接打ち合わせを行います。






直接打ち合わせではどんな内容をするのか?

merit the direct meeting



初回打ち合わせ

目的:ホームページへの悩みをスッキリさせます。

まずはホームページ制作契約前の相談時の打ち合わせ。ここで目的としているのはホームページ制作や運営に対する様々な悩みをスッキリさせることです。

新規で制作する場合は
・ホームページの費用はどれぐらいするのが一般的なのか?
・作りたい内容を形にする場合いくらぐらいするのか?
・公開後の費用やメンテナンスは?

などなどのホームページを初めて制作する場合に知りたい内容をお伝えしていきます。

リニューアルで制作する場合は、元々のホームページがあるので
・今のホームページやアドレスを活用できるのか?
・現在の検索順位は維持できるのか?
・リニューアル後のメンテナンスはどうなるのか?

などを中心にお伝えします。
その上で、「どういう目的でホームページを作りたいのか」、その為には必要な要素、デザイン、戦略は何になるのかを話し合っていき、当社にお願いしたい!と思った時にご依頼してもらえればOKです。



2回目の打ち合わせ

目的:制作するホームページの設計書を共有しましょう。

2回目の打ち合わせでは最初の打ち合わせでお聞きした内容をもとに当社でホームページの設計書を制作します。

設計書の中身
・ターゲット調査、仮定ターゲットの作成
・同業他社調査
・コンテンツのサイトマップ
・制作スケジュール
・狙うべきキーワードの選定

ホームページで集客や何かしらの結果を出したいと思ったときに、いきなりデザインや内容から作るでのはなく、その結果に最短でたどり着くようにするためのターゲット決定がとても重要です。

そしてそのターゲットが決まっていくと次には同じ土台で戦う同業他社との調査を当社が行い、依頼者の方の事業の中でアピールした方がよい点を決めていきます。

設計書に関してはすべて当社で制作するので依頼者の方は、何が必要なのか何が不要なのかを共有するだけでホームページの元となる基礎を構築することができます。

3回目打ち合わせ

目的:2つのデザインからどちらかを決めよう。

3回目の打ち合わせでは2回目の設計書を元にした内容でホームページの新しいデザインを制作していきます。

基本的には初回の打ち合わせでホームページの1つの案を提案させていただき、この1ヶ月後の打ち合わせでは二案目の提案をさせていただきます。

デザインが2つ出そろった中でどちらか案で進めていくかを決めていきます。


4回目の打ち合わせ

目的:サブページの打ち合わせ、写真撮影。

3回目の打ち合わせではホームページのデザインに則ったサブページの制作を行っていきます。

実際のページの形がおおよそできた段階で必要な写真もわかってきますのでその時に写真撮影を行っていきます。

最終打ち合わせ

目的:ホームページの更新方法の説明、今後の運営について

最終的な打ち合わせではホームページの操作のやりとりや今後の運営についての打ち合わせとなります。

とてもよく言われている言葉で「ホームページを作って終わりではありません。」ということ。

ホームページは公開してからがはじまりであり、その先をスムーズにつなげていくために最後の打ち合わせでは今後の方向性を一緒になって決めていきます。

これらの打ち合わせを実際にネット上のSkypeやLINEで対応することはもちろん可能です。

ですが直接打ち合わせをすることでお互いの思っていることをスムーズに伝えられるのはやはり電話よりもやりやすい部分がとてもあります。

そう考えると距離的な意味も含め、週明けのホームページ制作会社としてのメリットを大きく感じてもらえるのではないかなと考えています。