上へ戻る

ホームページから集客できる条件に「やる気のある店主がいること。」が挙げられる。

これまで滋賀県で80社のお店、会社のホームページを作ってきて思うこと。
それはホームページから集客できることの要素の一つに「実際に集客したいと本気で思う店主」がいるかどうかです。

売上をあげるために、皆さん新規顧客が欲しい、リピート率をあげたいとは思われているのですがそれが実際に行動として現れているかどうか。
ホームページの集客ほどこの行動が口だけで出来ていない or しっかりと行動しているで差がきれいに出ます。

ではやる気がある店主とはどういう人なのでしょうか。
それはホームページのことよりも先に、お客様のことをどれだけ考えられているかです。

お客様のことを想像する気がないなら、外注するしかない。


20150526_1

ホームページで集客するための原則としてターゲットとしている地域のアクセス数がどれだけあるかが重要です。
滋賀県で商売をされているなら、大阪や東京よりもどれだけ多くの滋賀県の方に見てもらっているかですし、見てもらった方が「いいな」「依頼したい」と思えるものであればホームページでの集客は自然とできます。


ただし滋賀県の会社、お店の多くが「ホームページは作ればそれでOK」と思っているところが多く、実際にそれが形にもなっているのがホームページの更新率のなさです。
当社では新規のホームページ制作時には滋賀県 工務店や滋賀県 整体院などで依頼者の同業他社のホームページを100近くみるようにしています。

それだけの数を見れば「ここは集客できていそうだな」というところが見あたってきて、実際に依頼者本人もお伺いすると「確かに、○○店はネットで集客できているそうですよ。」と言われます。

ではその特徴はなにか。
まずお客様が見たい情報がしっかりとわかりやすく、しかも伝わえるように書かれているか。
更にホームページの更新が途絶えていないかです。基本的にこの更新の内容が見込み客でない私が見ても「面白い」「ここは信頼できそうだ。」となっているところはほぼ集客できているかと思います。


そうなるためには依頼者が本気でお客様が何に悩んで、何を解決したいと思い、そこにどうやって手助けできる(解決できる)かを考えて文という形にしなければなりません。
これを制作会社側がするのであれば、一から制作会社が文章を考えるのではなくインタビューした上でその文章を使うことが必要です。

なぜなら制作会社が依頼者の話を聞かずに一から考えた文章ほど薄っぺらくどこかに書いていそうな情報なものはないからです。



店主が文を考えらないということは、とても危険なことだと思った方がいい。


20150526_2

ホームページ製作時に集客するために依頼者自らが文章を考えてほしいということは依頼を受ける条件として当社ではお伝えてしています。

その時に「文章は考えらないし、無理です。」というところは、当社に依頼しないまでも今後のお店のことを考えると黄サインがなっていると思った方がいいです。

それはなぜかというと「お客様の考えていることがわからない」と言っているのと同じだからです。

例えばリフォームをしている工務店だとすればお客様はリフォームをしたい方です。

もしその方が玄関をリフォームしたいとした場合、表面的に見ればリフォームを新しくしたいということだけですが、そこに求められているのは「鍵を替えて毎日の出入りを簡単にしたい」かもしれませんし「夏場に玄関を開けて空気の入り口を作り部屋を涼しく」したいかもしれません。

「夏場に玄関を開けて空気の入り口を作り部屋を涼しく」を掘り下げていくと、「どの部屋が暑いのか」もしかしたら玄関をリフォームしなくても部屋の一部を改装することでより涼しくなる提案ができるかもしれません。

これは実際にその場にいてお客様の話をきき、考えて「最終的に欲しいもの」をイメージすることで出てくるものです。となればここまでの流れを文章に起こすだけでも十分な文は作れるのです。

だからこそ文を作れないということは、お客様を想像できず、本当に欲しいものをわからずに仕事をしているということになります。

仕事がある今の内であれば、それは問題ないかもしれませんがこれから仕事がなくなったり、どんどんホームページを良くする同業他社が増えれば仕事の受注率は低下していくことでしょう。

そうなった時にでも仕事の依頼が減った要因は自分ではなく、他の責任へと転嫁してしまってはおそらくお店を閉じるしか他ありません。



集客できるホームページ制作会社が行うこと。


20150526_3
当社にとって大切なのはホームページ制作金額をもらって、その金額内で15ページ程度のホームページを作り、スマホサイトを作り、文面を整えることではありません。

当社が行うことは、集客というゴールに向かって提案を行い、依頼者に実行をしてもらい、その上で良質なツール(ホームページ)も提供できること。これに限ります。

デザインが整ったホームページは無料サービスでも作ることができますが、「お客様のことを本当に考えてホームページを解決できるツール」として作ることはできません。

その為には依頼者が考え、更にホームページ制作会社も考えて行うことで作ることができます。

だからこそ「やる気のある店主がいること」。これがホームページで集客できる要因なのです。

当社はこういったやる気のある店主に一人でも、一社でも多く出会えるために、これからも自社の溜めたノウハウを文章と出し、気づきを持ってもらい問い合わせしてもらえるよう書き続けます。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。