上へ戻る

倒産した会社のホームページの特徴をまとめてみたら、これと逆であることがWEB集客のヒントになることが分かった。


大手だろうと関係なしに倒産してしまうこの時代。

滋賀県 倒産と調べてもまとめのサイトなどが出てくるのですが、これらの実際に倒産した企業のホームページを見てみるとある共通項があることがわかります。

ということは最低限、ここと逆の作りにしておけば倒産は回避できるのでは?

もちろんそんなに単純な話ではありませんが、そこにWEBで集客できるヒントがあるとしたら!

倒産した会社のホームページの特長!(もちろん例外あり。)


それでは実際に倒産した企業のホームページの情報を見てまとめたものをご紹介します。
倒産したばかりの会社の場合はホームページのデータがそのまま残っていることもあれば、Internet Archivesを通して見ることができます。

1.サイトのデザインが10年以上前のもの。
2.会社概要的な情報しか載せていない。
3.更新されたのが、5年以上前、もしくは「ホームページを公開しました」で更新が止まっている。

どうでしょうか。

これらの項目から「ウチの会社のホームページもこれに近いかも!」となっていませんか。

B to Bの場合で、ウチはホームページ必要ない!となっていても初回の取引前にお客様が御社のホームページを探して見ることが当たり前になってきました。

載せることがなかったとしても、これらの情報やデザインのものを見たとして受ける印象はどうでしょうか。

おそらく

ホームページ何の情報も載っていないよ…。


デザインも古いし、リンク切れもおきてる。


この会社大丈夫かな?



大丈夫かな?


大丈夫かな?


そう、営業時には好感触だったとしても、ホームページを見て「この会社大丈夫かな?」と思われているのです。

そしてそういうホームページから漂ってくる雰囲気は「停滞感」そのもの。

結果、営業ツールとして役に立てなければいけないホームページがすごい足を引っ張る形になってしまい本来獲得できるはずの仕事も獲得できない、結果売上があがらない→倒産してしまうという道筋になってしまったのでしょう。


なぜ倒産した会社のホームページはそんな状態であることが多いのか?


これは一つの予想ですが、「WEBにかける費用は後回し」であることが原因じゃないかと思います。


売上の目処が立たないということは資金繰りに苦戦しなければならず、その時に何十万もの費用をホームページで費やすことはできないという考えにオーナー・経営陣はなっているのでしょう。

しかしその結果「この会社(お店)、大丈夫?」となってしまい足を引っ張るという形に。

ホームページを制作するということは投資をするというお金になるので、どんなに苦しい時期であっても費やす価値のあるお金となります。

結果、日常の資金繰りだけに振り回されるとどれだけ時間が流れても悪くなってしまう一方という…。


WEBで集客できている同業者のホームページはこんな感じではないですか?


あなたの周りの同業者の評判は商売を行っている以上、どうしても気になってしまうもの。

そしてうまくいっている同業者も同じ商圏エリアで何社かは思い浮かぶものがありませんか?

それらの会社のホームページはおそらく倒産した会社のホームページの特長と真逆の方向にいっているはずです。

・デザインが新しい、今時のデザインでなおかつスマートフォンでも見やすい。
・ホームページの内容が同業者からみてもわかりやすくて色々な情報が掲載されている。
・ブログやキャンペーンの更新がしっかりされている。

これらの特長を掴んだホームページの場合、どうなっていくのか?

デザインが古いよりも新しくて、なおかつ見やすいホームページだとどんな効果が?


デザインが古いというのは停滞感を漂わせる一つだと書きましたが、今時のホームページだとまずこの原因をなくすことができます。

もちろん更新が全然されていない!というホームページだと意味がないのですが、それでも見やすいホームページの場合「回遊率」があがり、自社の情報を見てもらえる回数が古いデザインよりも上がる傾向にあります。

結果、1ページ目で閉じられてしまうよりもより詳しい情報を観てもらうことができるので


ホームページだけじゃなくて、印刷物デザインもしてるんだこの会社!


金額も思った以上に高くない!


とかで問合せしてもらえる可能性もあがってくるのです。→

結果、売上があがる可能性あり。



ホームページの内容が同業者からみてもわかりやすくて色々な情報が掲載されていると、どんな効果が?


古いホームページの場合、デザインだけが問題ではありません。中身!肝心の中身が会社概要しか載ってなかったり、アクセスしか載ってなかったりするのです。

それを見てお客様はどう思うのでしょうか?

知りたいのは制作実績!なのに、何もない。


この会社の強みが全くわからない!


こうなってしまいます。

結果、デザインがもし良くても、情報と知る要素は文字などの内容。この内容が上手くWEB集客できている会社ほど、しっかり作れています。
(例えば当社のホームページとか!)

ブログやキャンペーンの更新がしっかりされているとどんな効果が?


デザインは新しい!
内容も結構載っている!

でもサイトの更新の最終日時が5年も前で止まっている。

そうなるとどんな印象になりますか?


これ古い情報じゃないかな?信頼できるこの情報?


となります。

ブログを更新したり、キャンペーンを更新するというのはホームページに流れを作ることになります。ホームページが生き生きしてくるという。

また新しい記事を作れば、それだけページ数が増えるので内容がしっかりしていればアクセス数も必ず増えます。

そうすることで、母数となるアクセス数を増やし、なおかつホームページからの集客を増やしていく。そうなれば倒産の危機は少しでも阻止できると思いませんか?


これだけ書いても、更新しない人はどれだけ言っても更新しない。


ここまで読んでもらって危機感を感じ

ホームページ更新しないと!デザイン古いから新しくしないと!


となるオーナーは、何かしらアクションを起こします。

しかしこれを読んでも

ふーん、まあ今はしなくてもいいかな。


となる方は、おそらく更新しません。

危機感が少ないのと、面倒臭さが勝ってしまうからです。

ですがそういう方がいるからこそ、よりホームページに力をいれている会社は一人勝ち、あるいはコンスタントにWEBからの集客をもたらすことが出来ます。

人は人、自分は自分!ぜひ少しでもホームページを更新・良くして御社の集客に役立たせてください。

ではでは。

滋賀県のホームページ制作会社「ジャパニーズ(株)」の代表。WEBを使って作ったり、試したりが大好きです。好きな依頼のタイプは「一緒に意見出しながらお互いを尊重できる人」、嫌いな人は「お金出すし、あとはやっといて。」という方。こんな書いたら依頼減りそうと戦々恐々しております。他にもコワーキングスペース運営したり、滋賀県の情報サイト作ったり色々しています。